ホーム > CG制作のワークフロー

CG制作のワークフロー 建築・インテリアCGパースの場合

建築・インテリアCGパースの発注から納品までを一番シンプルなワークフローで説明します。アニメーション制作の場合や、途中で設計変更がある案件は打ち合わせにて説明します。

納期:案件にもよりますが、建築パース(静止画)の場合は最短3日。アニメーションは1週間程度からを目安にお考えください。詳細はご相談ください。

1)打ち合わせ

メール・電話での打ち合わせ

まず、メールや電話の場合でお話をお伺いします。設計資料などがあればご用意ください。

最初にお聞きしたいのは

・建築インテリア空間の種類(外観またはインテリア、住宅、マンション、商業施設)
・アングルの位置や方向・アングルの数
・スケジュールや予算・クオリティ

訪問しての打ち合わせ

都内・神奈川県であれば、御社での打ち合わせ可能です。事前にメールや電話で制作内容などをお聞きしてからとなります。


2)設計資料・図面データの確認< 建築CGパースを作る際に用意するもの

図面データ::建築パースを作る際にもっとも基本となる資料

外観のCGパースを作る際に最低限必要なのは平面図と立面図。インテリアCGパースの場合は平面図と展開図です。最終見積までにご用意ください。

図面がない状態での制作をご希望の場合はご相談ください。

3)見積確定・発注(受注)

4)製作開始

正式な発注依頼をいただいた後、CG制作を開始します。

5)アングル・形状の確認

アングルが希望通りか、形状は間違いはないか、確認できる画像を提出します。
メールにて画像にて確認いただきます。

チェック戻し:建築空間(外観・インテリア)の形や色、そしてアングルをチェック。

修正点について、画像に直接書き込み、メールで送っていただくなど指示をお願いいたします。

6)最終チェック:

チェック戻し:納品する建築・インテリアパースに間違いがないように慎重に。

注意深く「最終チェック」の画像をご確認ください。最終段階のチェックですので、この時点以降に変更を行うと、納期やコストに影響がでる場合があります。

6)納品:

完成した建築CGパースの画像ファイルは、URLをお知らせしますので、ご自分でダウンロードしていただきます。

DVD-Rなどでの郵送も承ります。

ホーム > CG制作のワークフロー

ページの上部に戻る