ホーム > [FAQ]-01 建築パースの制作に必要な資料

「図面(CAD)データ」と「質感の資料」

建築・インテリアのCGパース・アニメーションを作るための資料

建築・インテリアのCGパース・アニメーション制作に必要な図面や設計資料

「形状のわかる資料=図面」と、「色や質感の分かる資料」、さらに「現況(現地)がわかる写真、参考CGパース」があればベストです
※見積時などは、とりあえずCADデータではなく、とりあえずFAXをお送りいただいても結構です。

図面ではなく、オリジナルで設計をして、CGイメージを作り出すプランもあります。

その他の図面(オプション)形状が複雑な場合、断面図が必要な場合があります。
天井の形状が複雑な場合(折込み天井など)または埋め込みの照明などがある場合は
さらに天井伏せ図が必要です

通常、ご用意していただく資料
設計図面
仕上げがわかる資料
できればあったほうが良い資料
以下については、必須という訳ではありませんが、CGパースやアニメーションの打ち合わせをする際にスムーズです。
現場写真 現地の状況がわかる写真:現地の状況とマッチングした建築パースを作るために、画質は問いませんのでご用意いだだくと助かります。
CGサンプル 以前に(他社で)に発注された際の建築パース画像またはネットで見つけた見本となるCGパース。※サンプルとお見せいただければ、それを参考にして制作いたします。
素材サンプル 口頭や数字で説明するのが難しいテクスチャ(素材)は、例えば、建材(タイルやフローリング)のサンプルの現物を送って頂くと確実です。サンプルの写真でもかなり参考になりますが照明の色温度が推測しやすいように白いコピー紙(できればグレーの紙)を写真の中に写り込ませるとより正確に色を把握できます。
色指定 色を厳密に再現したい場合は、色番号(日本塗装工業会)などで指示いただくのが一番確実です。パントーン・RGB・HSV・CMYKでの指示も可能です
植栽など 植栽があればその資料(配置等が指定されたもの)

プリントアウトされた図面

プリントアウトされた図面は郵送で。お急ぎの場合などはスキャンした画像をお送りください。FAXをご希望の場合はご相談ください。

CADデータ

DXF・PDF・JWCAD・VectorWorks・Illustratorなどの形式に対応。
3次元の形状データを直接頂いての制作も可能です。ご相談ください。

3Dの形状データを頂いての制作は、納期とコストを下げることができます。DXF,OBJ,FBX,COLLADAなどの形状に対応します。その他の形式についてはご相談ください。

メールなどでデータを送る

メールの場合は10MBまで添付していただけます。それ以上のファイルサイズ(容量)の場合は「宅ふぁいる便」などのファイル転送サービスをご利用ください。また、DVD-Rディスクにデータを書き込み郵送していただくことも可能です。

不明な点については、遠慮なくお問い合わせください。

ホーム > [FAQ]-01 建築パースの制作に必要な資料

ページの上部に戻る