ホーム > CG blog > Cinema4D

1 2 3 4

Vray for C4Dメモ:マルチパスの設定

※別のブログに書いた記事をこのサイトに転載。
続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

C4DのXrefはバグっぽい 2

この前のエントリーでも「Xrefは怪しい」ということを書いたけど、その続き。※続きを書くつもりはなかったけれど。

続きを読む

メモ:vrayのLightのバグ?

VrayforC4Dでスポットライトやエリアライトの影がどうやってもボケないという現象があって、それでさんざん悩んだのだが、先ほど設定やり直して試したら解決してる。これはVrayforC4D 1.2.6.2cからdにアップデートしたときに治ったのかも? 続きを読む

C4DのXrefはバグっぽい

バグっぽい。という表現自体変な表現ではあるが、不具合の再現条件がよくわからないし調べる気もないので、バグとは断言できないのでしょうがない。前回のエントリーでXrefがわかりやすくなったと書いたが、挙動がおかしい。 続きを読む

Cinema 4D R14の新機能

続いてR14の新機能をヘルプから転載。
こうして見るとR14ではスカルプト機能追加が目立つ。
実際に使ってみて好印象だったのはスナップ機能。
気になる機能としては、C4DとAfter EffectsやPhotoshopとの連携。

外部参照Xref機能もすごくわかりやすくなった。外部参照ファイルの中のマテリアルも参照元のファイル内で編集できるようだが、うまく反映されない時があるみたいで、どういう仕様なのかイマイチわからない。モデリングを分業したり、シーン内のオブジェクトを使いまわすのに便利になったなあ。と感じる。 続きを読む

Cinema 4D R13の新機能

何が変わったか調べるために「CINEMA 4D R13の新機能」をヘルプから転載。

転載はしてみたものの、気になる機能は殆ど無かった。キャラクターアニメーション機能の改善だけだったとか?もちろんこれは何なる額面だけれども、この機能改善だけで、どれだけの人がR13にバージョンアップしたのか気になる。 続きを読む

Cinema 4D R14でのスナップと量子化設定

スナップと量子化の設定

R11.5からR14に制作環境を変えてまず戸惑ったのが、量子化の設定がどこになったかだ。(量子化というのは、移動や回転などの時の量を一定間隔にする機能。CADでいうグリッドスナップに近い。)

色々探しまわってみると「属性マネージャ」もモードを「モデリング」にすることで表示できた。
(スナップの設定切り替えと量子化の設定を別にしたのはなぜ?)

属性マネージャは複数を同時に表示できるので、量子化設定専用の属性マネージャ(ウィンドウ)を作ることもできる。これを好きな場所にドッキングさせてタブで切り替えると便利そう。

130307 modeling mode130307 ryoushika


R14でスナップが変わった

工業製品や建築やインテリアのCGパースを作る時、正確に寸法を数値で入力する必要がある。形状を移動や変形する場合でも数値で管理したい。C4Dでのモデリング時には「スナップと量子化」の設定を随時変更しながら作業する。

R14では、スナップがかなり改善された。オブジェクトを移動させたり編集する際に、より直感的になっている。特に透視図での使いやすさが向上した。例えば面などをナイフ機能を適用する場合、R14より前のバージョンでは、透視図でナイフを使うと結果の精度が低かったので透視図で使うことができなかった。(建築や工業系の場合)

以前ネットのどこかで「R14のスナップは退化した」という意見を見た記憶があるが、それは間違いだと思う。

ただし、このために何万円も払ってバージョンアップする必要があるかというと、、微妙。確かに使いやすくなったが、それで劇的に何か変わったわけではなく、むしろ今まで放置されていた「使いやすさとか精度」が本来のレベルになったにすぎない。

工業製品のCGシミュレーション・建築インテリアパース・CGパース

MagicSolo (Cinema 4D R13またはR14対応孤立モードプラグイン)

今更(ドキドキしながら)R14に制作環境を移行することになった。

建築やインテリアのCGパースを作る際には、3Dシーン内のオブジェクトを一旦非表示にすると作業がやりやすい。

指定したオブジェクトのみを表示させることは、Maxなどでは「孤立化」というようで、これをC4Dで実現するプラグインは今まで幾つか見つけている。R11.5ではSolo buttonというプラグインを使っていたが R12以降では(たぶん)動かない。

以前、AnSoloという有償のものを購入したのだが、あまり印象が良くなかったのでR14対応したものを再度探すことにする。

今回見つけたのはMagicSolo。http://nitro4d.com/blog/magicsolo/
無償で、R12,R13,R14共通のファイルをダウンロードできる。

Description :MagicSolo description
With this plugin you can make one or multi object to solo also it’s solo automatic the material to focus easy like you open your objects to a new scene ,it’s disable all the simulation also speed up you cinema4d if you have complex simulation or alot polygon mesh and you want to focus only to one finaly you can render only the solo object like this you can focus in object you like most . this plugin is very helpfull if you work to very big scenes .
ShortCut:
If you hold shift in your keyboard -> is ignore all the childrens
version 1.2:
if you hold alt in selection polygon then the select polygon solo

System : Win and Mac 32,64 bit
Cinema4D : R12,R13,R14


動画を見てるだけでもどのように機能するかはイメージがわかるはず。

C4D Magic Solo Plugin Tutorial from The Pixel Lab on Vimeo.


建築パース・インテリアパース・CGパースを作るツール。プラグイン。

DXFファイルがC4Dで開けないor読み込めないケース

今回はインテリアパースの仕事。クライアントから提供されたDXFファイルで少しトラブルがあったので、それについてのメモです。

まず一点目
1)提供されたDXFファイルがC4D R11.5/R14で直接読み込めなかった Unkown File Formatとなった。
推測 DXFの文頭のヘッダの記述がないDXFファイルだった?

二点目
2)問題のDXFはAdobe Illustrator CS6で無事開くことができた。これを編集してC4Dへ。しかし一部渡らないラインがある。(壁のラインの一部)
特定のレイヤーやカラーで起こる現象でもなく、原因不明のまま。しょうがなくIllustratorでトレースし直したら、当然だがC4Dで上手く読み込めた。

余談)Illustratorでトレースは久しぶりだったがアンカーポイントへのスナップがわかりやすく(たぶん)正確になったような気がする。

C4Dのインポートの仕様って公開されているのかな。マイナーなソフトなんだからこれくらい開発元が積極的に公開してほしい。(愚痴モード)

Adobe Illustratorファイルが読み込めるArtSmartプラグイン

Maxonジャパンのメルマガより。

私のCGパース制作では、DXFファイルをIllustratorに読み込み、整理したりラインを加工してCGソフトにインポート(取り込み)します。この時にIllustratorのver.8に書き出すのは確かに面倒です。これを解決できるようです。

Illustrator CS5やCS6形式のファイルでもそのまま開いてくれるということでしょうか。そうならば便利かもしれません。ちょっと気になったのは参照形式なので注意が必要な場面もあるかもしれません。

Adobe Illustratorファイルが読み込めるArtSmartプラグイン

Cineversity.comからArtSmartというAdobe IllustratorファイルやPDFファイルをCINEMA 4Dのスプラインパスとして開けるプラグインがリリースされました。

CINEMA 4D標準では、Illustratorはver.8形式以前のファイルしか開くことができませんが、このプラグインを使うと、そのまま開くことができます。さらに、Illustratorで指定している色をそのまま持ってくることもできるので、ロゴの3D化がとても簡単に行なえます。
押し出し量やフィレットの指定も可能。.aiは参照している状態のため、元のaiファイルに変更があれば、すぐに更新することができます。

なお、このプラグインをダウンロードするには、cineversity.comへの登録が必要です。(無料アカウントで大丈夫です)登録すると、無償のビデオチュートリアルも見ることができますので、この機会に登録してください。

ダウンロードは下記のページにアクセスして、ログインするか新規登録してからログインして行ってください。
http://www.cineversity.com/vidplaylist/cv-artsmart

CGパース・建築パース

1 2 3 4

ホーム > CG blog > Cinema4D

ページの上部に戻る