ホーム > CG blog

1 2 3 4 5 6 12

Photoshopの代替になるのか。Affinity Photo

CGの仕事はもちろん、デザインや写真加工にも必要なPhotoshop。
なくてはならないツールです。

一方で最近のバージョンアップで追加された機能は、ある分野の人には嬉しいけど関係な分野の人にはまったく関係ないみたいなものばかり。
古い設計をひきずってるせいで、UIが使いにくい。さらにレスポンスが悪くなってきています。

ただOSがアップデートするたびに使えなくなっては困るという消極的な理由で
CS6までアップデートして使っています。
CCになってサブスクリプション契約してましたが、一度もダウンロードさえしないままお金を払ってた(今は解約)

このような愚痴がついつい漏れてしまう「Photoshop事情」が過去のものになろうとします。

Affinity Photo というツールです。
https://affinity.serif.com/ja-jp/photo/

MacのAppストアで見つけて即買いして寝かせていたのですが
最近、仕事でも使ってみたのですが、充分Photoshopの代替になる可能性を感じました。Photoshopをある程度使ったことがある方なら、すぐに馴染んでしまうのではないでしょうか。

そして最近になってWindows版も販売が開始されました。ライセンスは6000円。サブスクリプションはないので、趣味で写真加工する方、学生にも気軽に買える価格です。Photoshopを全てのPCにインストールするほどではないけど、どのPCでも一通りのことはしたいって人には最適です。(まさにウチにピッタリ)

https://affinity.serif.com/ja-jp/photo/new-features/
最近のアップデートではバッチ処理や32bit編集、PSDファイルのインポート・エクスポートの改善、プラグインサポートの向上などプロの現場でも通用するツールに進化してきています。

Photoshop ElementsはCMYKや16bitモード無いしそもそもUIが蛸なので価値が(以下略。GIMPも使ったことはあるのですが、やはり使いにくいのと、少なくとも当時は16bitが使えませんでした。今はどうかな?

さらにIllustratorに代替ツールとして、同じ開発元のAffinity Designもあり、そちらのほうはすでにWebサイトのカンプデザインやプレゼン資料のレイアウトツールとし使って手放せなくなっています。

Adobe PhotoshopとIllustratorの料金設定や「重さ」が気になってきた方は一度試す価値があると思います。

2017年 ブログ再始動

久しぶりの投稿です。2016年にやっとCinema4DをR17(その後R18)にバージョンアップしました。
ウチのような使い方ではR14で充分なのですが、R14からバージョンアップできる最後のチャンスだったことと、新しいVray for C4DがR14では使えないということもあり、決断。

しかし、2016年はCG以外の仕事が忙しくなってしまい、新しい環境構築どころではなく、手元にあるR17とR18は実はインストールさえしてないので
どこがどう変わったのか全く分かっていません。
※新しい環境を構築するのが億劫だったのが本音ですね。

2017年はCG以外のお仕事も落ち着きました。CGも積極的にお仕事していくつもりです。また、CG関係でなにか思うことがあったらブログ更新したいと思います。よろしくお願いいたします。

vrayforC4D1.8に移行

工場製品のスタジオライティング風CG制作だったのですが、製品のベースカラーがブラックで半光沢だったために、明るさとスペキュラー反射を制御するがなかなか難しい案件。

1.8になったことでアルファチャンネル(&マルチパス)の使い勝手が向上したという誘惑に勝てず、進行中のプロジェクトにもかかわらず1.8に移行。※すでに無事納品済み。
続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Vray for C4Dメモ:マルチパスの設定

※別のブログに書いた記事をこのサイトに転載。
続きを読む

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

modoもvray対応に?

オーク(経由)情報です。
http://oakcorp.net/app-def/S-102/blog/archives/2593

vray開発元Chaosのユーザーフォーラムにmodo for Vrayの情報が出たようです。

すでにmodoはmaxwellにも対応して十分使えるようになっているようなのでそろろmodo買いましょうか。安い時に買っておけばよかったかなあ。と後悔してます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Multi Light ライトのマルチパス

今ちょうど建築・インテリア以外の(いわゆる工業製品)CGを制作しているのですが、撮影スタジオっぽい環境を作ってライティングしています。

こういう系の仕事では、製品の素材感を表現(というか演出)しなければいけません。通常の撮影の仕事ならリアルタイムに照明機材を色々試せるのですが、CGでは難しいです。

しかし、これに似たようなことがmaxwellができます。

複数のライトを設定したシーンを一回レンダリングしてしまえば、リアルタイムにライトの各要素を好きなように組み合わせてレンダリングに反映して書き出せます。内部的には各ライト毎にマルチパスのレイヤーのようなものを作っているのでしょう。

最初に(考えられる色々なライトを沢山配置しておいて、後からそれぞれの強さの影響(ライトの明るさ、オンオフ)をリアルタイムで変化させて調整できます。

vray for C4Dでもそこまでできなくていいから、ライト毎の影響をマルチパスで書き出せればいいのになあ。と思います。
※C4D標準のレンダラーでは「マルチパス」のところに「ライトごとに分ける」の設定がありますね。使ったことがないのですが、これはグローバル・イルミネーションをつかったレンダリングでもちゃんと使えるんでしょうか?

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

vray for C4D 1.8

去年10月頃かな。vray for C4Dが1.8にアップデートされたようですね。本来1.2から1.5にアップデートされるはずだったのですが、1.5開発してるうちに新しいvrayコアが提供されるようになったので、ついでに1.8にしちゃったということでしょうね。

とにかく新しいvray for C4Dが出たのは嬉しいことです。

ここらへんに1.8の新機能・変更点の動画を見ることができます。
http://forum.vrayforc4d.com/threads/vrayforc4d-1-8-example-files-tips-tricks.13988/

マルチパスやオブジェ毎のアルファ(マスク)のあたりが機能アップした(まともになった?)みたいなので期待してます。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

[wp] TextExpanderでDreamWeaverが要らなくなる

TextExpanderというユーティリティを発見。これを使うと、決められたキーを叩くことで設定したおいたテキスト(例えばHTMLのタグなど)を呼び出せる。
続きを読む

C4DのXrefはバグっぽい 2

この前のエントリーでも「Xrefは怪しい」ということを書いたけど、その続き。※続きを書くつもりはなかったけれど。

続きを読む

メモ:vrayのLightのバグ?

VrayforC4Dでスポットライトやエリアライトの影がどうやってもボケないという現象があって、それでさんざん悩んだのだが、先ほど設定やり直して試したら解決してる。これはVrayforC4D 1.2.6.2cからdにアップデートしたときに治ったのかも? 続きを読む

category-blog.php1 2 3 4 5 6 12

ホーム > CG blog

ページの上部に戻る