ホーム > CG blog > C4Dプラグイン:Riptide Pro, objファイルのインポート、エクスポート

C4Dプラグイン:Riptide Pro, objファイルのインポート、エクスポート

Riptide Proは、Cinema4Dのプラグイン(proは有償。proがつかない無償バージョンあり)。Cinema4D標準のobjファイルインポート機能より高機能である。もちろん有償版であるProのほうがより高機能。有償版は50ドル。

http://skinprops.com/riptidepro.php

C4Dの標準機能だけでは、マテリアル(mtl.)が設定されたobjファイルは、形状しか読み込めない。Riptideを使えばそれが可能になるし、その他のオプション機能も豊富。

注意点:proがつかないフリー版の場合、32bitモードで起動しているC4Dで動作する。(Macで確認)

64bitモードでCinema4Dを起動している場合は、一時的に32bitモードで起動するとRiptideを使用できるようになる。Proバージョンならその制限もない。

建築やインテリアのCG(パース)で配置する家具データをネットで見つけたとしても、必ずしもC4Dファイル形式は多くはない。そういう場合に、objなどの中間ファイルを経由してインポートすることも多いので便利なプラグインだ。

3Dの形状データを3DCGソフトの間で受け渡しする際には、DXFやLWO,FBX,OBJなどが使われることが多い。建築CADからのデータは、2Dの場合は大概DXFとなる。DXFは2Dの図面データの際に使われることもあるが、さらに3Dデータ(三次元形状)を受け渡す際にも使われる。

コメント:7

M130 2012年12月19日

管理人様
初めまして、M130と申します。

古い記事へコメントをしても良いものかと迷いましたが、Riptide Proについて教えて頂きたくこちらに書かせて頂きました。

当方はMac版のCINEMA 4D R13 及び R14を使用しているのですが、Riptide Proを正式購入前にデモ試用をしてみたところ、インターフェイスが文字化けして困っております。
CINEMA 4Dの言語設定に従うようなので、英語に変更すれば文字化けをする事も無いのですが、出来れば日本語環境で使いたいと思っております。

管理人様の所では正常に日本語で表示されておりますでしょうか?
お手数とは思いますが、宜しくお願い致します。

hira 2012年12月19日

残念ながらR13,14ではRiptideを使ったことが無く、文字化けが起こるかどうかわかりません。
※未だにR11.5での制作がメインなので。

C4Dの環境設定でフォントを変えてみてはどうでしょうか。

hira 2012年12月19日

えっと、Riptide [Pro]はあくまでも試用しただけで未購入です。なのでR11.5でも確認できません。
たしか日本語モードでも動いていたような気がしますがハッキリしません。

ProでないRiptideは32bitモードで使えるようになりますので試してみました。環境はR11.5
※私は基本英語モードでC4D使ってます。

日本語モードで起動するとダイアログが日本語で表示されました。文字化けもなく問題ありません。
ーー
ただし、R12以降ではプラグインの互換性が無いと思うので、余り参考になりませんね。
考えられるのは、
・R12以降で文字コード関連の取り扱いが変わったのに、それが修正されてない

これはマクソンジャパンのサポートに問い合わせて見たほうがいいと思います。

ーー
ここからは推測ですが、今Riptideの日本語リソースを修正するという手もありそうです。
Riptide/res/string_JPの中にある[str]という拡張子がついているものを
[txt]に変えるとテキストエディタで開いて編集できるみたいです。
ーー
が、それもリスクがあるし上手くいくとは限らないので、単純な解決法としては、
string_jpを削除してしまえば日本語モードで英語ダイアログが表示されます。

※R11.5ではそうなりました。

M130 2012年12月19日

早速のご回答ありがとうございます。

デフォルトのGUIフォントがLucida Grande、等幅フォントにMonacoが指定されていたので、Osakaやヒラギノ、MSフォント等に変更してみましたが、どれも同じ化け方をするだけで解消出来ませんでした。

R11.5だと問題無いのですね。
もう少し探るか、開発元に問い合わせをしてみます。
大変参考になりました。
本当にありがとうございました。

M130 2012年12月20日

大変お手数をお掛けしてしまって恐縮です。
確認しましたがフリー版だと確かに問題無いですね。

リソースの内容も確認してみたところ、R11用もR13用も構成的にはほぼ同じに見えるので、ご指摘の通りCINEMA 4D側の問題なのかも知れないですね。
早速MAXONの方へ問い合わせをしてみます。

英語が苦手な自分にも問題無い範囲の内容ですので、当面の間はアドバイスを頂いた日本語のリソースを削除する方法で使用したいと思います。

重ね重ねありがとうございました。

hira 2012年12月20日

リソースの内容というより【文字のエンコード】の問題かもしれません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/エンコード

つまりR12以降でプラグインがリソースを読み込む際のエンコード(shift JISとか)の仕様が変わったのではないかと推測してみたのです。(調べてみないしプログラム素人なので憶測ですが)

このstrファイルのエンコードを変更して保存すれば、RipTide Proでもちゃんと文字化けしない「かも」ですね。

M130 2012年12月21日

MAXONから回答を頂きました。
仰る通りR12以降では2バイト文字の扱いが変更になった事によるものとのことです。
どう変更になったかまでは記載されていなかったのですが、やはりプラグイン側で対応が必用になるようです。
エンコードを変更する方法も色々試しましたが、残念ながらビンゴとはなりませんでした。
(文字コードを変更して保存すると変化は見られるので、影響の程は確認出来ました)
開発元からは未だ返事を貰えていないですが、いつか修正される事を祈って待ちたいと思います。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.matrix3dcg.net/archives/424/trackback
トラックバックの送信元リスト
C4Dプラグイン:Riptide Pro, objファイルのインポート、エクスポート - 建築インテリアCGパース・アニメーションムービー制作[matrix3dcg] より

ホーム > CG blog > C4Dプラグイン:Riptide Pro, objファイルのインポート、エクスポート

ページの上部に戻る