ホーム > CG blog > Maxwellが2.5にバージョンアップ

Maxwellが2.5にバージョンアップ

Maxwellが2.5にバージョンアップ

以下、案内メールに書いてあった情報をベースにメモしときます。

Maxwell Fireという名称の新機能は、インタラクティブなプレビューレンダリングができるようになったってことみたい。Cinema4D R12用プラグインもリリースされていること。今回のmaxwell 2.5で対応したらしい。

一番気になるのは、Cinema4DのプラグインではFireが実現されているのだろうか。ということ。MaxwellはCinema4DからデータをMaxwell Renderという別アプリに渡すだけだったので、実現できたらすごい進化だな。と思っているんだけど。(現在ダウンロード中)

今気づいたんだけど「いつのまにか」maxwellがModoに対応している。マイナーなCGソフトの中ではちょっとメジャーなものとしてCinema4DとModoがあるんだけど、ここでもライバルっぽくなってて嬉しい。

http://maxwellrender.com/

2.5での変更点:

  • 2.xのユーザーには無償アップデート。Maxwell Fire interactive technology:プラグインやMaxwell Studioで実現
  • サブサーフェーススキャッタリングについて、質と速度の向上
  • ワークフローにおいて、多くの向上点。新しいスクリプティング機能。コマンドラインオプション。そしてネットワークの向上(特にアニメーション)
  • その他、修正と向上点多数。
  • 最も重要な新機能は、Maxwell Fire。高速なインタラクティブレンダリング。シーンを設定する間において、簡易的な結果をインタラクティブに生成するツール。Maxwellユーザーはシーンの照明効果やマテリアルの変更を数秒でプレビューで確認することができるようになった。

Maxwell Fireの特徴:

  • すべてのMaxwellマテリアルや機能と完全互換。
  • 完全なインタラクティブなワークフロー ー プラグインやMaxwell Studioで実現
  • CPUベース ー 追加のハードウェアは必要なし。
  • 追加のコストは不要 ー 別のアドオンアプリケーションでなく、通常のMaxwell Renderクライアントの無償アップデート。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.matrix3dcg.net/archives/346/trackback
トラックバックの送信元リスト
Maxwellが2.5にバージョンアップ - 建築インテリアCGパース・アニメーションムービー制作[matrix3dcg] より

ホーム > CG blog > Maxwellが2.5にバージョンアップ

ページの上部に戻る