ホーム > CG blog | Cinema4D > Cinema 4D R13の新機能

Cinema 4D R13の新機能

何が変わったか調べるために「CINEMA 4D R13の新機能」をヘルプから転載。

転載はしてみたものの、気になる機能は殆ど無かった。キャラクターアニメーション機能の改善だけだったとか?もちろんこれは何なる額面だけれども、この機能改善だけで、どれだけの人がR13にバージョンアップしたのか気になる。

CINEMA 4D R13の新機能

レンダリング

新フィジカルレンダラー …
フィジカルカメラ設定 …
新内部拡散反射シェーダ …
ステレオ3Dカメラ設定 …
フィジカルレンダラーの新しいモーションブラーモード
被写界深度のブラー平面を定義するための新しいパラメータ
レンダーキューのための新しいテクスチャを確認オプション。
カメラの新しい ファークリッピング 設定。
NETクライアントにテクスチャパスなどを設定する一般設定が追加されました。
雪または草に覆われた地形を作成するための新しい地形マスクシェーダ …
フィジカルレンダラーのGIモードのGIエリアライトオプション
物理的に正確なフレネル効果
レンガシェーダの各カラーに対してテクスチャが使えるようになりました。
レンガの壁に汚しを生成するための方法が向上しました。 …
アンチエイリアスの構成を変更し、新しいオプションも追加しました。
3Dレンダリング設定 …
画像の情報を含むための新しい透かし特殊効果 …
フィジカルスカイの太陽の影の濃度設定。

キャラクタアニメーション

キャラクタリグをすばやく生成するキャラクタオブジェクト。 …
ウォークサイクルや周期的な動きのパラメトリックなアニメーションを作成できるCモーションオブジェクト。 …
新しいマッスルシステムが統合されました。 …
新しいクロスNURBSのオプション。
新しいマッスルシステムには独自のデフォーマが備わっています。 …
Cモーションステップオブジェクトは、自動的に生成されたCモーションステップのサイクルを微調整するために使用されます。 …
キャラクタを作成する基本となるキャラクタコンポーネントタグ。 …
キャラクタテンプレートやコンポーネントの作成および編集用の新しいコマンドがいくつかあります。 …
サーフェイスへの投影、オブジェクトの置換、オブジェクトの階層の置換などいくつかの新しいコマンド。
新しいバインドツールオプション
ウェイトタグ: バインドポーズをセットコマンドのための新機能
ウェイトマネージャのジョイントリストは、整列やフィルタリングができます。
ウェイトマネージャ: エフェクタの固定もジョイントの減衰も考慮されます。
ウェイトのワークフローの改善。
ウェイトの値は、自動ウェイトの値によって丸められます。
自動ウェイトの強化。
ウェイトツールは、選択したジョイントを好きな色で表示します。
ジョイントのアイコンの色をウェイトの色と一致させることができます。
ジョイントは減衰機能を備えています。 …
ポーズモーフタグ: モーフターゲットをアニメートモードでもフォルダで整理できます。
新しいIKスプラインのオプション。
ポイントキャッシュは、オブジェクトの位置、スケール、角度を固定できるようになりました。
ポイントキャッシュタグ: 一緒に合成されたものをループできます。
改訂されたビジュアルセレクタ …

ワークフロー / ビュー / インタフェース

機能向上した新しい外部参照 …
外部参照オブジェクトを作成/編集するための新規外部参照コマンド …
外部参照のための2つの新しいプロジェクト設定
いくつかのコマンドのオプションを個別に定義できます。
リニアワークフローに関して、ビューポート内の表示をオフにできます。
フォントの選択でプレビューが表示されるようになりました。
カメラモードはコマンドを使用して直接切り替えることもできます。
レイヤカラーに従ったアニメーションパスの割り当て
HUDの名前変更
タブは垂直に配列できます。
プロジェクトファイルは、プレビュ画像を保持するようになりました。
ビューポートのカメラナビゲーションが改善されました。 …
新しいボタンタイプ
日時の機能が強化されました。
コンテンツブラウザでは、全てのフォルダに同じ表示設定を使用するようになりました。
画像表示の新しいダブルクリック機能
画像表示の背景色を変更できます(レンダリングされた画像を見やすくするため)。
画像表示で後でステレオ3D編集を行うためのステレオ3D設定
選択されたオブジェクトがビューポートの外にある場合に表示外はその方向を示します。
アートシェーダの新しいモード; シェーダはビューポート上でリアルタイム表示できるようになりました。(拡張OpenGLがオンのとき)

モデリング

オブジェクト軸モードは軸を有効モードに名前が変更され、仮モデリング軸としての新しいファンクションを提供するようになりました。 …
SHIFTキーおよびCTRLキーの拡張機能
移動ツールの軸の拡張を使用すると、オブジェクトを正確にモデル化/配置できます。
スケールツールの可変速度、スケール軸
角度ツールの軸の延長を使用すると、オブジェクトを正確にモデリング/配置できます。
移動、回転、スケール、オブジェクト選択の新しいオプション。 …
ホットキーを使用した新しいモデリングワークフロー
ポリゴングループから離れたオブジェクトを作成するための新しいコマンド …
ポリゴンポイント順を変更するコマンド …
2つの新しいビューポートモード。
コマンドをカスタマイズのマネージャの新しいオプション
シンプルな選択パス
オブジェクト、ポイント、エッジ、またはポリゴンをすばやく調整するための自動微調整モード
ダブルクリックによるエッジループの選択
ダブルクリックで関連するポリゴンのグループを選択

入出力

COLLADA 1.5をサポート。
3つの新しいFBXインポートのオプション。
アニメーショントラックの固定のための新しいFBXエクスポートオプション
FBXで、PLAアニメーションのインポートとエクスポートが行えるようになりました。
OpenEXRは、複数のチャンネルと新しい圧縮オプションを提供。
After Effectsは、立体視とステージオブジェクトをサポート。
ネイティブの.wav、.aiff QuickTimeインポートが拡張され、CINEMA 4Dは、.mp3、aac、その他のサウンドフォーマットをインポートできます。 …

オブジェクト

最適化されたHyperNURBSウェイト
新しい衝突デフォーマ …
メッシュデフォーマ: ケージオブジェクトは閉じたボリュームである必要がなくなりました。

アニメーション

プロジェクト設定で定義するキーフレーム補間 …
ジンバルロックを最小限に抑える新しい角度の順番を指定するパラメータ
名称ツールは、名前に連番を付けられるようになりました。
アニメーショントラックのくり返しの数を指定できます。
対応するアニメーショントラックの長さに時間トラックを自動的に設定できます。
新しいキーフレームのオプション
タイムラインマーカーの複数選択、ダブルクリックで簡単に名前を変更。
タイムラインマーカーに説明文を追加できます。
キー接線用の2つの新しいコマンド
新しい見た目の角度を保持キープロパティ
ロックタグは軸単位で指定できるようになりました。 …
関数グラフの機能が向上し、タイムラインFカーブに対応するようになりました。

スクリプト / プログラム

C.O.F.F.E.E.とPythonは、共通のメニューやスクリプトマネージャにまとめられました。 …
XPressoツールの新しいフィルタ
マトリックス → HPBオペレータの新しいパラメータ
別個のアニメーションを持つ2つの単一フレームを画像表示内で比較できるようになりました。

MoGraph

MoGraph機能のための新しいPythonエフェクタ …
モザイク画像を作成のための新しいシェーダモード。
マルチシェーダのいくつかの新しいコマンド。

BodyPaint 3D

Mayaでも、UV座標の修正をBodyPaint 3Dできるようになりました。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > CG blog | Cinema4D > Cinema 4D R13の新機能

ページの上部に戻る