ホーム > CG blog | CGソフト、ツール > Photoshop CS6の起動画面(Splash screen, スプラッシュスクリーン)を変更(Macだけど)

Photoshop CS6の起動画面(Splash screen, スプラッシュスクリーン)を変更(Macだけど)

Photoshop CS6の起動画面(Splash screen, スプラッシュスクリーン)を変更しました。Macですけど。
ちなみに元々は左の画像。これを右の画像に変えちゃいます。
Photoshop cs6 bootPs cs6 original splashscreen

以前のエントリーで、Photoshop CS6の起動画面が醜悪ということを書いたんですが、どうにも我慢ならないの起動画面(スプラッシュスクリーンというらしい)を変えてみました。CGや写真の編集などには無くてはならないツールなので、こういう変なものを毎日見るのが我慢できないわけです。我慢できるなら、とっくにコストパフォーマンスの高いWindowsマシンで仕事してますよ。Adobeの中の人大丈夫なのかなあ。

起動画面の変更方法は以下のとおり

※著作権とか使用許諾的にこんなことしていいのかわかりません。個人の範囲ならカスタマイズということで許してくれそうですが、、自己責任でやってください。アプリのリソースをイジるので、何らかの不具合が起こる可能性はゼロではありません。ありえないとは思いますが。

1)ThemePark 3.1というrsrc(リソース)ファイルを編集できるアプリをダウンロード。ポイントはバージョンを3.1ということ。最新の4.xではリソースファイルを編集できないっぽい。


2)Photoshopで、PNGファイルを作る。元々Photoshop CS6のスプラッシュスクリーンは832×700ピクセルなので、それと同じカンバスサイズに。その中に任意の画像を設定する。背景は透明に。
※上記を守らないと、スプラッシュスクリーンの上に描画される文字のマスクが不正になる。(説明が難しい、、、)


3)Photoshop CS6のアイコンを選択して>右クリック>「パッケージの中身を表示」


4)Contentsの中のResoucesの中のAdobe Photoshop CS6.rsrcというファイルを、ThemeParkで開く
※念のために元のファイルをバックアップしておいて、コピーを編集したほうがいいと思う

Ps rsrc file


5)右上の検索フィールドにsplashと入れる。左カラムにPNGとか出てくるので、それをクリック。各種リソースを見ることができる。
Themepark edit window


6)で、起動画面(スプラッシュスクリーン)のリソースを書き換える。※用意しておいたPNGファイルをドラッグ&ドロップするだけ


7)ここまでの編集を保存して、3の手順で、Adobe Photoshop CS6.rsrcを所定の位置に戻す。

これで起動すると、こんな感じに。完成!
Ps cs6 original splashscreen

コメント:2

西田幸子 2014年9月30日

こんにちは
CS6のスタート画面に毎朝ぞーっとするのに我慢ならず、
検索からこちらのサイトに行き着いた次第です。

有益な情報ありがとうございます。
早速試してみたのですが、ThemaParkで開けても
splash検索がヒットしません。(”s”だと何かしら出るのですが・・)

当方環境
MacOS10.6.8
cs6 standard
ThemaPark3.1

疑いの有るところではThemaPark3.1が有料版でないとダメとかでしょうか?
恐縮ですが、お時間のある時にでもご助言いただきたくご連絡しました。
よろしくお願い致します。

西田幸子

hira 2015年5月13日

放置してすいません。

splashで検索したらファイルが見つからない理由はわかりません。
Finderで検索してるってことはないですよね?

私は有料版を使ったわけではないので「有料版に限る」ということはありません。

かなり以前の話なのでこんなお答えしかできずすいません。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > CG blog | CGソフト、ツール > Photoshop CS6の起動画面(Splash screen, スプラッシュスクリーン)を変更(Macだけど)

ページの上部に戻る